スポンサード リンク

2008年10月11日

ゲド戦記の竜、完成でございます。

マンダ状態の龍(東洋のドラゴンは龍とかくみたいです)に翼を接着し、ゲド戦記の竜の完成でございます。翼は所定位置にボンドをたっぷりつけて接着。完全に乾かして、その上に背中パーツを接着します。
この背中パーツはわりときつめで、やっとはめこみましたが、ちょっと
位置がずれたようです。胴体から出ているのりしろが背中パーツに貼り合わせられるハズなのですが、届かない。翼を厚く作りすぎたのか、貼り位置がずれたのか。仕方がないので、のりしろをカットしました。
これで、ゲド戦記の竜の完成でございます。

ゲド戦記の竜のペーパークラフトを下から見るの図。
写真をクリックすると拡大します。
電燈のヒモが邪魔ですね。
竜は、釣り糸(ナイロン糸2号:太さ約0.2mm)で吊ってあります。


PA115148.JPG

アタマの図

PA115151.JPG


アタマの拡大の図

PA115155.JPG

胴体の図
PA115156.JPG


吊るす場所に困ったので、とりあえず、食卓の上の照明にひっかけて
あります。


我が家はむこう1週間、ドラゴンの下でメシを食うのだ。
1週間後が展覧会。間に合った。

本当は、座りタイプもいっしょに展覧会に出そうと思っていたころもあったのだが、時間切れでございます。

このペーパークラフトは、同じような作業が続きます。コツコツと作業をする必要があります。一番気を使うのは、上下の翼の貼りあわせ過程でしょうか。モノがでかいだけに少しのズレが最終的におおきなズレになる可能性があります。

しかし、島崎恭一先生はすごいなあ。
最終的に立体になるこれだけの大きさの竜を設計し、2次元の部品に展開してしまう才能は天才的でございます。


posted by 紙人間 at 17:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサード リンク

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。