スポンサード リンク

2008年09月21日

立体万華鏡を作ってみた

ゲド戦記の竜のペーパークラフトを作るあいまに、別な工作。

立体万華鏡というものがある。
6枚の正方形の鏡を内側にむけて張り合わせる。
6枚の鏡に囲まれた四角い箱を作るのだ。
鏡と鏡の付き合わせたラインには、光のモレを防ぐため、
光を通さない黒いテープを貼る。

その3面が接する頂点に三角の穴をあけて中がのぞけるようにする。
そのままでは、中は真っ暗なので、なにもみえません。

P9154921.JPG
そこで、穴のあいている鏡以外の3枚の鏡に、外の光を透過するように
スジを入れたり、鏡の膜を除光液(アセトン)で部分的に溶かして
光を通す小さな穴をあける。透過する光に色がつくように、色セロファンを貼る。


そして中を覗いてみると。

P9154922.JPG

P9254987.JPG

P9254982.JPG




外見からは想像もできない不可思議な光景を見ることができます。

この立体万華鏡は、製品化された商品も販売されています。
下記をクリック。
【CUMOS立方体万華鏡】キューモス /60N タイプ:
ヤマザキ ミノリさんの作品です。






posted by 紙人間 at 09:21| Comment(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

錯覚竜のペーパークラフトを作る。


錯覚竜である。


ドラゴンついでに作ってみた。
簡単に数分で作れるわりに、その見た目の驚きは絶大です。
自分の脳ミソを疑います。


竜がこっちをみています。

P9214955.JPG

じつは、へこんでいる竜の顔。

P9214959.JPG




posted by 紙人間 at 08:36| 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

カエルの折り紙


昔覚えた折り紙のカエル。
数年ぶりに折ってみた。
途中、数分考えたが、手が覚えていた。

そこらへんにある紙を正方形に切って、折る。

旅行中に、外国の人に折ってみせたら、みんな驚いてくれた。

写真をクリックすると拡大します。

途中まではツル。
P9264998.JPG





これが4本足系をつくる基本の型。

P9264999.JPG


それぞれを折り曲げて、

P9265000.JPG

胴体を立体的にふくらませて、カエルの完成。

P9265002.JPG


小さめの緑色の折り紙で作ると、リアルです。








ラベル:カエル 折り紙
posted by 紙人間 at 10:09| 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月18日

崖の上のポニョDVD[2枚組] 2009年07月03日発売です。


あの崖の上のポニョ、DVDになります。

予約できますよ。



posted by 紙人間 at 21:02| 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月21日

東京マルイの赤外線制御室内ヘリコプター、SWIFT登場。

東京マルイから、赤外線コントロール(IRC)の室内用低価格ヘリコプターが発売されました。あのヘリQとはまったく比べ物にならない安定性と完成度です。

制御システムは、室内で必要十分な3チャンネルIRC(赤外線コントロール)、上昇、下降、ホバリング、前進、後進、左右旋回が自由自在。

この、東京マルイのヘリコプターSWIFT、実物を見て、私、驚きました。

  • 東京マルイのIRC室内ヘリコプター


  • これまでの安価な遠隔制御の模型ヘリコプターとは一線を画します。
    しかも、お値段格安。

    これは、20世紀では考えられない製品です。





  • SWIFTだ。東京マルイの室内用模型ヘリコプターで驚け





  • posted by 紙人間 at 23:00| 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサード リンク

    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。